• お客様※1満足度99.0%(2022年)
  • ネット通販※2専門店シェア1位(2022年)
  • 年間※3出荷件数46万件(2021年)
JPX 東証上場

当社はAmidA
ホールディングス
のグループ会社です。

選べるお支払い方法

クレジットカード/月締め請求

クレジットカード種類
0120-858-606

電話受付時間 / 10:00〜16:00
(日祝・当社休業日を除く)

販促品・ノベルティの制作なら名入れ印刷サイト|ミコミル

TEL: 0120-858-606(電話受付時間 / 10:00~16:00 日祝・当社休業日を除く)

  • お客様※1満足度99.0%(2022年)
  • ネット通販※2専門店シェア1位(2022年)
  • 年間※3出荷件数46万件(2022年)
JPX 東証上場

当社はAmidA
ホールディングス
のグループ会社です。

選べるお支払い方法

クレジットカード/月締め請求

クレジットカード種類
カート カート

Customer Reviews Vol.1

上品に仕上がる"刻印"で
1個から、短納期で作れるのは
『ミコミル』だけでした。

かもめの珈琲屋さん(浜松市)
山本 恵理さま
かもめの珈琲屋さん 山本 恵理さま
  • 製作されたきっかけは?

    2020年から浜名湖周辺で、店舗を持たないスタイルで営業してきました。豆へのこだわりはもちろん、お客様に合わせて焙煎するスタイルで少しずつファンの方も増えてきました。

    そこで、年に一度の『浜松 local coffee fes.2022』というイベント用にオリジナルボトルを製作することにしたのですが、印刷ではなく、長く使っていただけて上品に仕上がる"刻印"にこだわって探していたところ、『ミコミル』のホームページにたどり着きました。

    ステンレスボトル・スクリューボトル氷止め付き かもめの珈琲屋さんの作成事例
    ▲今回ご注文いただいた商品は、ステンレスボトル・スクリューボトル氷止め付きのグレーとブラック。
  • ご注文の理由は?

    どうしても仕上がり具合を確認したくて、まずは1個だけ作りたかったのですが、1個から作れるところが全然なくて。『ミコミル』なら1個から作れて、しかも納期も最短で3日ということですぐに注文しました。 仕上がり具合を確認できたので、その後に安心して複数個注文できました。

    小ロット対応や納期にも満足していますが、Adobe系のソフトはほとんど使えなかったので不安だったところ、データ入稿の際にコールセンターの方が丁寧に対応くださって本当に助かりました。 この対応でハードルがぐっと下がったように感じます。

    ステンレスボトル・スクリューボトル氷止め付き 使用例
    ▲使いやすく淹れやすいサイズ、バッグが飛び出さない氷止めが看板商品のコーヒーバッグにぴったり。
  • 仕上がりや反響は?

    刻印にこだわって探したので、刻印部分がキラリと光って主張が控えめで上品でお気に入りです。印刷ではこうはなりません。 人気商品のコーヒーバッグの使用にぴったりの氷止めや、車のカップホルダーで使いやすい容量や形状など、商品も厳選したのでイメージ通りの仕上がりでした。

    グレーとブラックを各5本ずつ製作したのですが即完売してしまい、すぐに追加で注文しました。SNSからボトルへの問い合わせも多くて、もう予約もいただいています。こだわって作ったぶんお客様に喜んでいただけてとても嬉しいし、納期が早いから在庫を持たなくて良いのも助かります(笑)。

    オリジナルボトル付の数量限定のボックスセット
    ▲オリジナルボトル付の数量限定のボックスセット。サイズもカラーリングもぴったり。ちなみに本セットは既に完売とのこと。
  • 商品へのこだわり

    私たちは品質が一定に保たれた指定農園の豆を使用しているだけでなく、焙煎前に手作業で豆を選別し、とことん品質にこだわったコーヒーをリーズナブルに提供しています。コーヒー好きの方はもちろん、ブラックやカフェインが苦手な方にも、美味しく楽しんでいただけるコーヒーが自慢です。

    この浜松の地で、とにかく「コーヒーを楽しむ」ということを追求してきたいと思います。

    焙煎までこだわったコーヒー
    ▲「いつでも、誰もが、コーヒータイムを楽しむことができる」をコンセプトに豆の仕入れから焙煎までこだわったコーヒーが味わえる。
かもめの珈琲屋さん
店舗を持たず、浜松・浜名湖の周辺、天竜浜名湖鉄道『三ヶ日駅』『気賀駅』『天竜二俣駅』をメインに出店中。出店情報はInstagram(@kamome.co.free)にて。
  • 焙煎風景
  • 商品写真

取り扱い商品一覧

タンブラー館へ
ページトップ